バカ顔もなニッチの白髪染めトリートメント比較ナビXZ

バカ顔もなニッチの白髪染めトリートメント比較ナビXZ

白髪は減らない?

白髪が1本ニョキッと生えているのを見かけてからはや5年が過ぎ去りました・・・。
あの時はまだ30そこそこで、最初の1本が力強く生えているのを見た時は本当にショックを受けたことを鮮明に覚えています。
たまに若くても白髪が生えている人を見かけることがありますが、そういった人たちの白髪はどんどん増え続けてしまうのでしょうか。
私の白髪も増えています。もう減ることはないのでしょうか。

 

 

 

白髪になる理由

白髪になるには、メラニン色素を作り出す細胞メラノサイトが減ること、そしてメラニン色素を作ることができなくなることが挙げられます。
これらは、加齢や遺伝の他、ストレスも原因になってきます。
血のめぐりがよくないと頭皮に十分な栄養が行き渡らないので、髪が黒くならないのです。
とはいえ、白髪の原因は遺伝的要素がかなり大きく、家族に白髪の人が多いとやっぱり自分も白髪になると思っていた方がよいでしょう。
まして、親が若い頃から白髪だったとなると、よくよく気を付けなければ自分も若白髪になる可能性が高いのです。
ただ、若白髪はストレスが強く関係している可能性も高いので、ストレスや気苦労はともかく減らす!今を楽しく生きることを忘れずに!を心掛けましょう。

 

 

 

髪に必要な栄養

髪によいではなく、髪には必要な栄養があります。

  • ビタミンB群
  • アミノ酸
  • ミネラル

これらがバランスよく摂れていないと、メラノサイトが働かず、白髪になってしまうのです。
ということは、食生活も綺麗な黒髪を維持していくためには重要であるということですね。
ありがちなのが、過度なダイエットによる栄養不足が原因で白髪になるケース。
これは若い女性に多いので、ダイエットには注意が必要です。
しっかり栄養をとった上での無理のないダイエットを心掛けたいところですね。

 

 

白髪を減らすことは可能?

一度白髪になったら、もうこの髪は死んでいるから二度と黒くなることはないと思っている人がいるのですが、実はこれは違います。
毛根が死んでしまえば、そこから毛が生えることはありません。
白髪でも生えている以上は、毛根は生きているのです。
では、この白髪、また黒くなることはあるのでしょうか。
実はあります。
それは、マッサージを行って血行をよくすることや、よく噛んで食事をとること。
これらの方法をしっかり習慣化できていけば、白髪になってしまう原因であるメラノサイトの働きを活性化させることに繋がっていくのです。
マッサージはダイレクトに血行をよくしますし、よく噛むことは咀嚼菌を動かして頭皮や脳への血の流れをよくする効果があります。

 

 

白髪を減らすには、3ヶ月以上はマッサージなどを続けなければほぼ効果はないといいます。
「継続は力なり」は、本当に色々なことに当てはまるのですね。
細かいことですが、元から白髪をなくせるようにしていきたいところですね。

白髪対策にトリートメント

白髪対が気になり出すのは、何本も何本も生えてきて、もうどうにも誤魔化しようがなくなった時。
そうなると、さすがに白髪を放置しておくのも恥ずかしくなります。
もちろんそのままでいいという人もいるでしょうが、30代、40代のまだまだ若いうちだとやっぱり多くの白髪は見せたくないものでしょう。
そんな時、まず思い浮かぶのは美容院での白髪染め。
しかし、月に1回程度出向かなければならないという面倒くささと、それなりの金額が出て行くという出費にもなるので、できるだけ美容院に行かずにどうにか白髪を目立たなくさせる、白髪を減らす方法を探している方たちが圧倒的に多いでしょう。

 

 

 

美容院で白髪染め

白髪染めは実は1回染めると、また染めなくてはならないというように、結構負担がかかります。
知人の美容師が「数本の白髪なら絶対染めない方がいい」と言っていました。
確かに、そのために5千円出して染めるのはちょっと痛いかなと思い、当時は踏みとどまったのですが、正解だったと思います。
ただ、ある程度自分ではどうにも隠せなくなってきたときは、美容院に通う方が楽に白髪対策ができるでしょう。

 

 

白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは意外にも知らない人がいます。
お風呂で使用するあのトリートメントです。
それが、染髪できるようになっているので、自宅で手軽に白髪染めをできるのです。
また、白髪染め商品といってもトリートメントなので、頭皮に優しくできています。
染まり方はゆっくりなので、最初の頃は続けて使用し、染まってきたら週に2回程度使用し続けていくというものです。
色が抜けにくくなってはいますが、使用しているシャンプーの洗浄力によって個人差があります。

 

 

白髪を抜くのは絶対にダメ!

白髪は生えてくると本当に悲しくなるものです。
その気持ちはとてもよくわかるのですが、抜いてしまう人がいますよね。
確かに、1〜2本の白髪を抜けば気持ちはスッキリするかもしれません。
しかし、その毛穴からはまた白髪が生えてきます。
そしてまた抜いてしまう・・・これを繰り返すうちに、白髪さえ生えてこなくなり、今度は薄毛に悩むようになるかもしれません。
白髪とはいえ、生えてくる毛穴はまだ生きているのです。
しかも、白髪だって立派な髪の毛です。
色素がないために白になってしまっただけ。
だったら、その白髪をもう一度黒くするための工夫をしてみたり、それこそ部分染めアイテムで目立たなくしてみたり、いくらでも手段はあります。
白髪を抜くのは絶対に止めましょう!

 

 

白髪対策でも色々方法はあります。
日中に使用するもの、夜はトリートメントなど、使い分けしてみてもいいですね!

白髪染めヘアカラーには副作用がある?

いよいよどうにもならず、気になる白髪を目立たなくさせるためにヘアカラーを考えている人って結構いるものです。
友人も最近ヘアカラーを始めて、だいぶ若返ったような気がします。
白髪ってあるだけでなんとなく老けて見えてしまいます。
同じ齢でもある人とない人がいます。
白髪がない人はやっぱり若く見えるものですよね。

 

 

 

ヘアカラーには副作用がある?

実はヘアカラーには副作用があるという噂があります。
耳にしたことがあるという人もいるかもしれませんが、酸化染毛剤(ヘアカラー)を行った時に、ジアミン化合物によりアレルギーショックを引き起こす人がいるのです。
ジアミンは実は日本人で陽性率が高いアレルゲンのうちのひとつであり、陽性率はなんと4位の6.6%。
意外に知らずに使用している人は多いのでしょうね。
実は、私たちの黒髪に近づける色に染めるためにジアミンという化学物質が必要になってしまうのです。
また、大したことないから平気だわ〜なんて使用し続けるのも非常に危険。
ジアミンは、体内に蓄積されてしまう物質なので、使用はしない方が絶対によいものなのです。
それだけではありません。
ヘアカラーによって起きる副作用には気を付けなければなりません。

 

  • 染料が体内に入る危険…ヘアカラーを行った時に、染料が頭皮から体内へ入ってしまうことがごく希にあるという話がありますが、これは医学的に証明されているわけではありません。しかし、アレルギーや刺激を考えて、染料は頭皮につかないようにしましょう。
  •  

  • 肌荒れが起きる…特に注意しなければならないのが、敏感肌の人。市販のヘアカラーは多くの敏感肌の人が肌荒れを起こすという噂もあるくらいです。薬品が使用されているので、敏感肌の人でヘアカラーをしたい場合は、美容院で相談しましょう。
  •  

  • 刺激による痛みやかゆみ…手軽に買えるヘアカラーには刺激が強いものが多いため、あまりおすすめできません。その時の体調によっては痛みを覚えることもありますので要注意です。ちなみに、これらの刺激はジアミンが原因で起こる場合が多いのです。

 

 

ヘアカラーの危険性を知ってしまうと、恐ろしくて使用できなくなってしまいますよね。
私も散々悩んだ挙句、この事実を知り、やっぱりヘアカラーには手が出せないなと思いとどまりました。
それでもやっぱりヘアカラーをと考える人は、行きつけの美容院でしっかり話を聞いて、ジアミンが含まれていないカラーがないか尋ねてみましょう。
また、同じヘアカラーでも色によっては刺激が少ないものがあるかもしれません。
できるだけ体に負担をかけずに、若さを保っていきたいものですよね。

 

(出典:【恐怖の白髪女】が選ぶ最強白髪染め(ヘアカラー)ランキング!私の白髪見たな〜

白髪染め商品のいろは

最近ちょっとうらやましいなと思う男性たち。
その理由は、男性なら白髪が生えても様になるから。
若白髪の男性もちらほらみかけますが、やっぱり圧倒的に女性の方が目立つ!
特に綺麗な女性が若くして白髪があると、なんとなく残念な気持ちになってしまうのは私だけではないはずです。
だからこそ、もっともっと白髪の悩みを解決していただき、キレイな自分を保ってもらいたいのです!!!
白髪染めだって、結構色々とカラーを楽しむことができます。

 

 

 

白髪染め商品の種類

 

  • ヘアカラー(染毛剤)…美容院や自宅でカラーリングを行い、白髪に色を付けて目立たせなくさせるもの。価格は安く、手軽にできるので昔から人気がありますが、刺激が強いためアレルギーや炎症などが起こることがあります。
  •  

  • 白髪カバー(ポイントカラー)…白髪をなぞるだけで色を付けることができる白髪カバーアイテム。朝塗って1日中効果が持続し、シャンプーで落とせるものから、ヘアカラートリートメントの役割を果たす使う程染まっていくものまであります。
  •  

  • 白髪カバーパウダー、スプレー、スティック…生え際や薄毛などで気になる部分にパウダーをのせたり、スプレーしたりすることで白髪や薄毛のカバーができるアイテム。シャンプーで洗い流し可能。
  •  

  • 白髪染めヘアカラートリートメント…シャンプー後のトリートメントとして使用可能なヘアカラー。使用するたびに白髪が染まっていくアイテムであり、髪への艶やコシもしっかり対策できます。地肌に優しいため、人気急上昇の白髪対策アイテム。

 

 

白髪染めには種類があり、1回でしっかり染めるカラーリングから、何度も使用することによって徐々に染まっていくヘアカラートリートメント、そしてシャンプーで落とせるのでその場だけサッと白髪を染めるアイテムがあります。
どれを使用すればいいのか悩んでいる人も多いと思いますが、1度で染めるのは楽な分体への負担も大きいと思っていた方がよいでしょう。
個人的にはヘアカラートリートメントを行いつつ、スプレーやスティックなどで突然出てきた白髪をメイクするのがスマートではないかと思います。
白髪染めトリートメントは高いというイメージがあるようですが、実際には染める力とトリートメント力が備わっていることを考慮すると妥当な金額ではないかなと思えてくるのではないでしょうか。
無添加の白髪染めトリートメントもありますので、色々調べてみるといいですね。
髪の健康は若さの秘訣ですので、しっかり白髪対策を行っていきましょう。

 

 

(出典:白髪染め商品


ホーム RSS購読 サイトマップ